MENU
ドロップダウンして検索
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 
SNSはこちらです!良かったらチェックして下さい!

油断大敵!テーブルの上の汚れは意外とひどくてリスクが高い理由と対策

お疲れ様です!

たかブログを運営しております、たかです!

皆さん、普段ご家庭の机の上はしっかり掃除していますか?

食事の後、机を拭いて掃除されている方もたくさんいらっしゃると思います。

今実施している掃除のやり方で、しっかり掃除できているのか。

今回は、テーブルの掃除についてお話しをして行きます。

こんな方にお勧めの記事です
  • 家庭で菌や汚れ対策をしたい方
  • 様々な菌からのリスクを減らしたい方
  • 机の上の汚れが気になる方
  • 最適な机の掃除方法を知りたい方

それでは行きましょう!

目次

テーブルの上の汚れについて

まずはテーブルの汚れについてお話しをして行きます。

ズバリ、テーブルの上を最適な方法で掃除をしていないとかなり汚れています!

何故か・・・

  • 食べこぼし
  • 手垢

これらが付着しているんです。

基本テーブルの上では食事もするので、手を触れたりする場所が汚れた状態になってしまうのは、致し方ありませんね。

出典:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105546/201906067227/_prw_OR1fl_zRKzx9Rm.pdf

上記の図のように、出産後の方は特に

ダイニングテーブルの汚れが気になり、「除菌の必要性」を感じるようになっています。

確かに、お子さんが産まれたら特に気になりますよね。

出典:https://www.planet-van.co.jp/shiru/from_planet/vol137.html

そして上記の図の通り、除菌や消毒をするようになったきっかけは

「新型コロナウイルス対策のため」です。

家庭内での除菌・消毒の対策は直接ウイルス対策にもなりますので

しっかりと実施して行きたいですね!

テーブルの掃除を怠ると発生するリスクについて

それではこれらの汚れを放置すると、どうなるのか。

①ウイルスが体内に入り、感染リスクが増える

②カビやウイルスが体内に入り、アレルギーのリスクが増える

大きくはこの2点が挙げられます。

特に小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は、テーブルが汚れていると

直接手で触って口の中に手を入れることで、お子さんのアレルギーなどに繋がります。

アレルギーになってしまうと結構厄介なので、そのリスクはできる限り下げて行きたいですね。

誤ったテーブルの掃除方法

ここでご質問です!

たか
たか

皆さん、テーブルはどのように掃除をしていますか?

結構多いのが、「水拭き」だと思います。

タオルを濡らして、机の上を拭いて掃除をする方法の事ですね!

出典:https://www.orangepage.net/ymsr/news/daily/posts/3424

上のグラフをご覧ください。

なんと、乾拭きする方が、水拭きするよりも「汚れ(菌・ウイルス)」が減ることがわかっています。

しかも、水拭きすると逆に汚れが増えてしまうんです。

良かれと思って水拭きしていたのに、それが逆効果とは・・・といった感じでしょうか。

最適なテーブルの掃除方法について

それではどのようにテーブルを掃除したら良いのでしょうか。

答えは

①アルコール除菌を使用する

②次亜塩素酸を使用する

この二つになります。

基本的にはタオル(キッチンタオル等も含む)につけて、テーブルを拭く形です。

我が家ではタオルは以下記事のような使い捨てアイテムを使用しておりますのでご参考までに!

超便利です!今では必需品になっています。

次にアルコールと次亜塩素酸を比較して行きます。

出典:https://www.fjtex.co.jp/sanitation/blog/210324.php

よくドラッグストアに置いていて、メジャーなのが「アルコール除菌」ですね!

しかし、グラフを見ると、コストパフォーマンスは「次亜塩素酸」の方が優れています。

臭いも弱く、肌に優しく、効果も高く、引火性が低いので空間除菌にも使える

かなり優秀ですね。

そして、次亜塩素酸は割と最近良く聞くようになりましたね。

コストの面で低いとありましたが、

市販のボトルをベースに考えると次亜塩素酸の方が若干高い傾向にあります。

自身で希釈して使用する大型のタイプであればコストは大幅に下げられます。

なんか次亜塩素酸ってメリットばっかり?と思われる方が多いので

デメリットについてもご説明します。

次亜塩素酸のデメリット

  • 熱や紫外線を浴びると効果が激減。専用のボトルが必要
  • 市販ベースでは価格がやや高い
  • 保存期間が短い

大きく3つのデメリットがあります。

熱や紫外線を避けるために、環境を選ぶ・ボトルを選ぶ手間

保存期間は大体半年がベースになる。

その為、保存や手間という面ではアルコール除菌よりも劣ってしまいます。

しかしながら、それ以上にメリットが多いのが次亜塩素酸でもあります。

気になる方は、まずは市販の商品から試してみてはいかがでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回はテーブル汚れについてお話しをさせて頂きました。

今回の記事の纏め
  • テーブルの上はかなり汚れているので、感染やアレルギー発症のリスクがある。
  • 水拭きだけだと逆に菌が増え、リスクも増える。
  • 最適な机の掃除方法は「アルコール除菌」または「次亜塩素酸」の活用。
  • 次亜塩素酸は非常に高機能。保存方法には少し手間が掛かる。

テーブルの上にも感染やアレルギーのリスクが潜んでします。

特に小さなお子さんがいらっしゃる方は要注意ですね!

リスクは少しでも減らして、豊かな生活を送れるようにして行きましょう。

これからも皆様のお役に立てる情報を発信して行きます。

それではまた次回✌️

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次