MENU
ドロップダウンして検索
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 
SNSはこちらです!良かったらチェックして下さい!

歯ブラシを替える最適なタイミング&選ぶべき最適なアイテムとは

お疲れ様です。

たかブログを運営しております、たかです!

早速ですが、皆さん歯ブラシの交換はしていますか?

歯ブラシの定期的な交換は非常に大切なんです。

歯ブラシはほとんど全員の方が使われていると思いますので、皆さんに関係がある記事内容になっています。

是非参考にして頂ければと思います。

こんな方におすすめの記事です
  • 歯ブラシの交換を意識的に行なっていない方
  • 歯周病や虫歯を防ぎたい方
  • 歯ブラシの適切な交換時期を知りたい方

それでは行きましょう。

目次

みんなの歯ブラシ交換状況について

まずは気になる周りの歯ブラシの交換頻度です。

  • 1位 1ヶ月に一度 37.7%
  • 2位 2ヶ月に一度 23.0%
  • 3位 3ヶ月に一度 19.4%

上位はこのような形となりました。

皆さんはどのぐらいの頻度で歯ブラシを交換されていますか?

この結果を見て、どの割合に位置するかチェックしてみて頂ければと思います。

頻度以外での歯ブラシを交換する理由について

先ほどのアンケートで1ヶ月に1回交換している方が多いと言うのはわかりました。

ただ、頻度の理由のみで交換されている人もいれば、理由があって交換されている方もいます。

一番大きな理由が「ブラシが開いたら」となっています。

特別磨けていないといった実感がある訳ではないのですが、

ブラシが開いているので磨けていないのかな?と言う理由が正直なところだと思います。

しかし、ブラシが開いているので交換というのは大正解です。

ブラシが開いた状態で使い続けるのは非常に良くありません。

次からその理由について解説して行きます。

ブラシが開いた状態で使っているとどうなるのか

この「ブラシが開いた状態」ですが、どれぐらい歯をしっかり磨けていないかご存知ですか?

歯ブラシを使う目的は「プラーク」を除去して虫歯や歯周病を防ぐ事です。

このプラークの除去率が大幅に変わってきます。

新しい歯ブラシを100%とすると、

毛先が開いた歯ブラシのプラークは約62.9%程まで低下してしまいます。

約4割もパフォーマンスが低下するとなると、かなりの低下率ですよね。

ちなみに歯ブラシを交換すべき理由は「プラークの除去率が低下する」の他にも

  • 歯ブラシを使うことによる汚れや菌の増殖
  • ブラシの形状変化により、歯茎が傷つく

等、さまざまな理由があります。

磨けなくなる上に、菌まで付着してしまうと、衛生的にもよろしくありませんよね。

歯ブラシを交換する最適な頻度について

結論から言うと

1ヶ月に1回の歯ブラシ交換がおすすめされています。

ただ、一概にこの期間が正しいと言う訳ではなく、

一般的な使い方をして、1ヶ月に1回の交換が良いと言われています。

歯磨きの頻度が多い方や、磨き方が強いと毛が開く速度も早くなってしまいますよね。

なので、一番気にして頂きたいのは

歯ブラシの毛の開き

この状態を見て交換していただければと思います。

まとめると・・・

  • 毛の状態関係なく、最低でも1ヶ月に1回は、歯ブラシの交換をする
  • 1ヶ月経たなくても毛が開いていた場合は、歯ブラシの交換をする

これを意識して頂ければ間違いなく、最適な歯ブラシでオーラルケアが可能となります。

歯ブラシの交換頻度のアンケートで見ると(見出し「みんなの歯ブラシ交換頻度について」)

1ヶ月に一度は歯ブラシを交換している方は約50.2%となっております。

つまり、2人に1人はしっかりとしたオーラルケアができていない事になりますね。

なので、虫歯リスクや、最近では歯周病のリスクがある方も増えていると言う形になっています。

歯周病の研究結果で、歯周病は「認知症」の原因にもなっている事が分かっています。

健康のためにも歯ブラシの交換頻度には注意したいですね。

おすすめの歯ブラシについて

おすすめの歯ブラシについては

  • 硬さは、「普通」
  • 歯ブラシのヘッドは「薄い」もの
  • 歯ブラシのサイズは「超コンパクト」
  • 歯ブラシのブラシは腰が強いもの

この点に注意いただいてお選び頂ければ間違いないと思います。

大きめヘッドの歯ブラシが流行っていますが、

個人的にはヘッドが薄く、小さいものを使用して奥歯に届く、1本1本磨ける歯ブラシが最適だと思っています。

時間は大きめヘッドに比べて掛かってしまうかもしれませんが、しっかり磨けます。

※大きめヘッドは時短で使用している方は、油断してあまり磨けていない場合も多々あるので要注意です・・・

おすすめの歯ブラシで、条件を満たしているのがこの歯ブラシです。

システマ薄型超コンパクトしっかり毛腰のふつうです。

先ほどの条件にピッタリな歯ブラシです。

磨きやすくて、奥歯まで届くので、かなり重宝します。

我が家では最低でも1人3本はストックしています。

交換したい時に無いと、お店まで買いに行くのが面倒になってしまいます。

なので、一度にまとめて家庭内在庫されることをおすすめします!

その方が交換時期にすぐ交換する事ができます。

以下に商品のリンク貼りますので、是非ご覧下さい。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は歯ブラシの最適な交換頻度は?について記事にさせて頂きました。

今回の記事のまとめ
  • 世間的には歯ブラシの交換頻度は1ヶ月に1回が多いが、1ヶ月を超える期間使用している方が約5割程度居る。
  • 歯ブラシを交換する理由はほとんどが「ブラシの開き」。
  • 毛の開いたブラシを使うとプラークの除去率が4割ほど低下し、虫歯や歯周病のリスクが高まる。
  • 歯ブラシの最適な交換頻度は1ヶ月だが、毛の開き次第では早まる可能性もある。
  • おすすめの歯ブラシは毛の硬さがふつう、ヘッドが薄く・超コンパクトで、毛の腰が強いもの。ご紹介したシステマの商品がおすすめ。
  • 歯ブラシは家庭内在庫をしておく事がおすすめ。交換したい時にすぐ交換できる準備をしましょう。

歯ブラシにはさまざまなアイテムがありますが、基本システマを選べば問題ないというように思います。

人気な理由がわかりますよね。

高い歯ブラシを使えば良い!と言う訳ではなく、交換頻度に加えて、磨き方も重要になります。

交換頻度が遅くて、テレビを見ながら歯ブラシを齧っていては虫歯リスク等が高まってしまいます。

今一度、歯ブラシの交換頻度や磨き方を見つめ直して、健康な生活を送れるようにして行きましょう。

正しいオーラルケアは豊かな生活に繋がる事は明確です!!

これからも皆様のお役に立てる情報を発信して行きます。

それではまた次回✌️

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次