MENU
ドロップダウンして検索
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 
SNSはこちらです!良かったらチェックして下さい!

マグネットディスペンサーの磁石の強さは?使い勝手は?解説します

お疲れ様です!

たかブログを運営しております、たかです。

早速ですが、あなたはお風呂場のシャンプーやボディーソープの容器を

「ブランドの本体」にしていますか?

まだまだブランドの本体を使用している方が多いと思います。

悪い事ではありませんが、もっとお風呂場を清潔に保つコツがあります。

細かいことですが、今回はディスペンサーについてお話しをして行きたいと思います。

こんな方にお勧めの記事です
  • お風呂場の汚れやカビが気になる方
  • お風呂場を清潔に保ちたい方
  • お風呂場を物でごちゃごちゃしたくない方
  • 最適なディスペンサーをお探しの方
  • コスパを考えている方

それでは行きましょう。

目次

お風呂場の洗浄と気になる事

おそらく誰しもが毎日使用するであろう「お風呂」ですが、

毎日使用するが為、掃除の頻度も多くなりそうですよね

出典:https://www.suido-trouble.net/bath/post-368/

上記がお風呂の掃除頻度ですが、大多数が「毎日」という結果になっています。

毎日掃除する分、汚れも凄く気になる。それがお風呂という場所です。

さらに、お風呂の汚れで気になるものは何なのでしょうか。

出典:https://yourmystar.jp/c0_1/c1_5/articles/bath-ceiling-wall-clean-up/

上記がお風呂の気になる汚れのアンケート結果ですが、

  • 1位:カビ
  • 2位:水垢
  • 3位:ぬめり

どれも湿度が高いがゆえの汚ればかりですね。

上記の気になる汚れですが、最もと言って良いほど発生しやすい箇所があります。

それが、「ボトル」です。

ボトルが汚れやすい理由

ディスペンサーにカビ・水垢・ぬめりが発生しやすい理由は想像しやすいかと思います。

  • ボトルの底はそもそも汚れが溜まりやすい(台に置きっぱなし)
  • ボトルを洗浄する方は少ない

対策としては、「定期的にボトルを洗浄する」事が重要になります。

洗浄と言っても、

  • 重曹=ピンク汚れ
  • クエン酸=水垢
  • 塩素系漂白剤=黒カビ
  • セスキ=湯垢

という、結構な頻度で発生する汚れに対応していかなくてはいけません。

この洗浄頻度を少しでも減らす為に、あるアイテムを使用する事をお勧めします。

お風呂に広がるカビはボトルが原因かも

ボトルの裏についた、ピンク汚れや黒カビ

もしかしたら、これが原因で、お風呂全体に汚れが広がっている可能性があります。

なぜかというと、カビは胞子を撒いて、どんどんと広がって行きます。

放置すると、どんどんカビが広がるというわけなんです。

しかもカビの種類によっては、猛毒のカビの可能性もあります。

  • アレルギー
  • 傷口から体へ入り込み、炎症

など、体に対しても有害のカビが発生している可能性もあります。

カビは見つけたらすぐに除去すべきですが、

そもそもカビを発生させないような対応・環境づくりが必要になって行きます。

ボトルは全てマグネットディスペンサーにしよう

そこで対策すべきアイテムが、マグネットディスペンサーです。

かなり使い勝手が良いので、凄くお勧めです。

たか
たか

うちは、小さな子どもが居るのですが、
以前台にボトルを並べて置いていたら、子どもと一緒に入浴していたら全て湯船に投げられていました。
それが無くなるのも一つメリットかもしれませんw

大きなメリットとしては

  • ボトルを台で置かなくて済むので、お風呂場がすっきりする
  • ボトルで購入しなくて済むので、節約になる
  • 詰め替えの形状によっては、中身を出さずに、そのまま詰め替えにポンプを挿して使えるので楽
  • ボトルが統一されて、お風呂の空間デザインが良くなる

ボトルを変えるだけで大きなメリットがあります。

ボトルを購入する時も、1つ2,000円ぐらいするのですが、実際使用していると、簡単に元が取れます。

シャンプー、コンディショナー本体各1,400円(詰め替え1,100円)
ボディソープ本体500円(詰め替え300円)
上記現実的な金額ですが、
シャンプー・コンディショナーを本体→詰め替えに変える事で、1回の詰め替えあたり600円の節約
ボディソープを本体→詰め替えに変える事で、1回の詰め替えあたり200円の節約
合計1回の詰め替えで800円の節約となります。
これを8回変える事で、いつも本体を購入する費用の元を取れてしまいます。

このような形で節約になります。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ等は1つのアイテムを使い続けるというよりも、圧倒的に毎回アイテムを変えている方が多いので、その都度本体を購入されている方がいらっしゃいます。

そんな方には大きなメリットがあると言えます。

一方、心配されるのが、「壁につけるマグネットの強さ」です。

マグネットについてですが、

このように裏にビッチリマグネットがついています。

壁に取り付けて、ポンプをプッシュしても全くブレないので、マグネットの弱さについては心配ご無用です。

ディスペンサーの使用は非常にメリットが大きいので、是非試して頂ければと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回はディスペンサーについてお話しをさせて頂きました。

今回の記事の纏め
  • お風呂は毎日使う方が多い分、掃除も毎日行っている方が多い
  • お風呂で気になる汚れは「カビ」「水垢」「ぬめり」
  • ボトルの特に裏は汚れが発生しやすい
  • お風呂全体の汚れはボトルが原因の可能性もある
  • ボトル汚れの対策として、マグネットディスペンサーを使うべき
  • マグネットディスペンサーは汚れ対策だけでなく、節約や、お風呂場のデザイン性も高める事ができる

ついつい、汚れを見逃されがちな、ボトルですが、この機会に今一度チェックして頂ければと思います。

また、ディスペンサーに変更する事で大きなメリットが多数ありますので、

是非使用を検討下さい。

また、冒頭にお話した、毎日するお風呂掃除についてですが、

負担を大きく軽減できる時短アイテムを以下記事にてご紹介しておりますので、

是非、併せてご確認ください。

これからも皆様のお役に立てる情報を発信してきます!

それではまた次回✌️

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次